【地震を予測する】災害対策に専門の情報サイトを使おう

男性

自分の身を守るために

葬儀

毎日できる危機意識

毎日のように日本のどこかで発生している地震を把握している方は少ないでしょう。しかし、どこでどんな地震が頻発しているかを知ることで、大地震が起きる前兆を自分で捉えることにも繋がります。2011年に起きた東日本大震災の前にも、前兆となる地震は頻発しています。普段の生活の中でその前兆を捉えることができれば、大地震が来る前に避難や対策を講じることができますが、多くの専門家にとっても地震の予測は断言できるものではありません。しかし、実際に起きた細かな地震の情報から、地震予測の情報を知ることができれば、心構えや準備ができます。情報を知らないよりははるかに、対策が可能になってくるのです。予測情報を確認していれば、万が一の際にも早めの判断と避難が可能になります。東日本大震災でも、情報の伝達が届いていなかったり、できていなかったがために、避難が遅れてしまうケースも多くありました。また、避難が遅くなれば、車の渋滞に巻き込まれることで、スムーズな安全確保ができなくなることもあります。地震予測情報を確認することを、毎日の日課にすることで、地震の発生に備えることができます。予測ではありますが、天気予報と同じ感覚で危機意識を持って過ごすことが生死の分かれ目に繋がることもあります。スマホでアプリをダウンロードすれば、外出先でも確認が可能です。大切な家族のスマホにもダウンロードして確認を促すことで、離れていたときにもいち早く情報を把握し避難することができます。

災害への意識を高める

地震の予測情報を日常から得ておくことによって、災害への意識を高めることができます。突然の大地震に焦ることなく身の安全を確保することができるようにするには、日常から心の準備をしておくのが重要です。また、備蓄などの備えにも役立てることができます。

30年以内の確率とは

科学が進んだ現代であっても、地震を何日前や何時間前に予測する事は不可能と言われています。しかし現在では、色々な過去などのデータにより地震に関する情報を知ることができるようになりました。地震の情報はインターネットからもチェックできます。

速報で避難を迅速にできる

地震の発生を予測するシステムは既に導入されています。しかし、数日単位で予兆と見られる情報をチェックしておくと個人での避難対策が効率的にできます。スマホアプリや専門のサイトを毎日チェックして、安全に避難できるような準備ができていれば理想的です。