【地震を予測する】災害対策に専門の情報サイトを使おう

女性

30年以内の確率とは

手

世界と日本

日本は世界の中でも地震が多いと言われています。日本がある場所には複数のプレートが重なり合っており、プレートが変動することにより地震が多く起きているのです。科学が大変進化した現代ですが、一ケ月後や一週間後に地震が起こるなどの予測はまだできません。何日前や何時間前に地震が発生するなどわかるようになるにはあと数百年先とも言われています。しかしながら、30年以内に震度6以上の地震が起こる確率を表したものはインターネットの情報でも確認する事ができます。また、情報の中には都道府県ごとに30年以内の震度6以上の確率を知ることができるのです。一番地震が起こる確率が低い予測となっているのが北海道札幌市の0.92パーセントです。一番起こる確率が高いと予測されたのは千葉県の85パーセントとなっています。あくまでも日本政府が提供している情報は予測ではありますが、今までに起こった地震の頻度であったり、地盤や活断層などの活動などを元にされている情報ではあるので信頼性は強いのではないでしょうか。世界で見たとしても日本は世界面積の1パーセントもないにも関わらず、世界で起こっている地震の10パーセントが日本で起きているというのが事実なのです。世界の地震の震源分布地図では震源部分に赤く色をつけたとしたら、日本は震源地があまりにも多すぎて日本列島がまったく確認できないほどです。他の国に比べて地震への対策を十分行わないといけないのが日本なのです。