【地震を予測する】災害対策に専門の情報サイトを使おう

女性

速報で避難を迅速にできる

花

予兆を調べるメリット

地震速報は多くのメディア、ウェブブラウザで提供されているサービスです。気象庁のデータをもとにすると地震の起こり方や大きい地震の予兆を調べられる場合があります。研究機関においてはリアルタイムで地面の動きや電磁波、僅かな揺れを測定しており、そうした情報から地震の発生を予測します。専門的な調査によるリアルタイム情報はすぐに一般の方々に共有できないものです。しかし、1日から3日単位で測定情報が公開されている場合、過去の地震の実例に沿って予測することはできます。古来より、どじょうや金魚などの生き物が微弱な電磁波を感じ取って、地震の前に騒ぎ出したり、落ち着きがなくなったりするという予測を立てていました。電子機器が発達した今でも動物たちの電磁波を感じ取る力の方が優れており、予測に生かされている現場も多くあります。こうした予兆に敏感に気付ければ、避難準備や避難先のリサーチ、家族での情報共有をする時間的余裕ができるため、災害後に生き残れる確率を高められます。地震とともに津波や噴火が伴うような場合には、噴火予測、津波予測が事前に発表されるため、それに従って避難行動が取れます。1次災害に対する対策として、リアルタイム情報による予測を活用し、二次災害をできる限り防ぐためにさらなる情報共有で最悪の事態を少しでも減らすことができます。災害を予測することは科学が発展した今の時代ならば不可能ではないため、日頃からスマホアプリなどで速報の通知をONにしておくなど対策をしておくのが理想的です。